行列のできる知恵袋

行列のできる知恵袋相談は楽しく生きるためのお役立ち情報や色々な疑問・お悩みを解決するための知恵袋情報屋さんです。

イベント 冠婚葬祭 知恵袋

厄年の厄払いの方法・時期・料金は?男性と女性の本厄・前厄・後厄は違う?

投稿日:

厄年になると男性も女性も神社へ厄払いのお祓いにいきます。

67cfb477dfb32cb1918d6c3b271ab055_s

では、厄年の厄払いのお祓いはいつ頃神社にいくのがいいのでしょうか?

厄年は、前厄・本厄・後厄の3回あり、男性と女性の厄年の時期と年齢も違います。

そこで、厄年の厄払いの方法・時期と厄払いの祈祷料の料金相場について説明したいと思います。

スポンサードリンク

厄年の厄払いの方法と時期

厄年の厄払いの方法は、神社に行きお祓いをしてもらうのが一般的です。

では、厄年の厄払いはいつごろ神社に行けばいいのでしょうか?

厄年は、対象の年の1月1日から厄年となりますので、正月元旦の1月1日から厄払いをしてもらうことができます。

神社の厄払いは、1年中いつでもお祓いをしてもらうことができますが、早めに厄を落とした方がよいので年の初めにいきましょう。

元旦の初詣の際に厄払いをする方もいますが、正月は神社が初詣で込み合うので、待ち時間がかなりながくなります。

厄払いの時期は、正月~節分の間のご自身の都合の良い日にいお祓いに行きましょう。

110530

 

男性と女性の本厄・前厄・後厄の時期と年齢

厄年は「前厄」「本厄」「後厄」があり、更に男性の厄年と女性の厄年は、対象年齢が違います。

男性と女性の厄年は下記の通りです。

スポンサードリンク

 

男性の厄年

・前厄:24歳、41歳、60歳

・本厄:25歳、42歳、61歳

・後厄:26歳、43歳、62歳

*上記の年齢は数え年

 

女性の厄年

・前厄:18歳、32歳、36歳、60歳

・本厄:19歳、33歳、37歳、61歳

・後厄:20歳、24歳、38歳、62歳

*上記の年齢は数え年

 

男性と女性の厄年は異なり、さらに女性は男性より厄年が多いです。

前厄・本厄・後厄が3年間続きますが、必ず3年間毎年お払いをしなければならないというきまりはなく、3年連続で3回行く方もいますが、本厄のみという方もおられますので、本厄のみ厄払いにいかれても問題はございません。

もし、本厄のみでは心配であれば、前厄と本厄の2回いかれるとよいでしょう。

332304

厄払いの祈祷料の料金相場

厄払いの祈祷料の料金相場の金額は、神社によってことなりますが、3000円~10000円くらいが料金相場です。

一般的に祈祷料5000円の料金ところが多いです。

祈祷料の金額が高いと効果も高いというわけはありません。

神様は、料金で判断などなさいませんから、ご安心ください。

f96cb03eb42548a339afe0ab867baa2d_s

厄払いは仏滅でもよい?

大安、友引、仏滅などの吉凶のことを「六曜」といい中国で生まれた占いの一種です。

六曜は元々占いなどに使用される暦によるもので、 神仏は六曜に影響を受ませんので、六曜によって神社への参拝や厄払い祈祷が適さない日というのはありません。

従いまして日本の神社や神事などとは、なんの関係もありませんので、仏滅に厄払いを行っても問題ありませんので、ご自身のご都合の良い日に厄払い祈祷していただければよろしいかと思います。

 

スポンサードリンク

-イベント, 冠婚葬祭, 知恵袋
-, ,

Copyright© 行列のできる知恵袋 , 2017 All Rights Reserved.