行列のできる知恵袋

行列のできる知恵袋相談は楽しく生きるためのお役立ち情報や色々な疑問・お悩みを解決するための知恵袋情報屋さんです。

B級グルメ イベント 知恵袋

恵方巻きの起源は大阪とセブンイレブン?節分でスッキリ!

投稿日:

恵方巻きを節分の日に、恵方に向かって無言で食べる習慣って子供のころありましたか?

大阪では太巻き寿司を食べる習慣は、昔からありました。

fe14564ecd83daeed89c0b1a5e3d8fce_s

節分の日の恒例の行事として、全国的に恵方巻きを食べる習慣が昔からあるように思われますが・・・、

知りたくないとは思いますが、恵方巻きというネーミングの起源は「セブンイレブン」だったのです。

この恵方巻きの起源の都市伝説について理解して、節分はスッキリしましょう。

スポンサードリンク

恵方巻きの起源は大阪

恵方巻き(えほうまき)とは、節分に食べると縁起が良いとされている「太巻き寿司」のことで、太巻き寿司を食べる習慣は、大阪を中心として行われていました。

つまり、恵方巻きを節分に食べる習慣は、全国的な週間や行事ではなく、大阪を中心とした習慣だったのです。

さらに、「恵方巻き」というネーミングができたのは、1998年ごろで、起源は「セブンイレブン」という話をご存知でしょうか?

知りたくないとは思いますが、恵方巻きの起源はセブンイレブンだったことを解説します。

328971

恵方巻きの起源はセブンイレブン

今では毎年節分の日の恒例となった、国民的な太巻き寿司である「恵方巻き」というネーミングの起源はセブンイレブンです。

スポンサードリンク

セブンイレブンが、1998年(平成10年)に太巻きを全国発売するにあたり、商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻き」という名前をつけて販売したことにより、その後、恵方巻きという名前が全国的に広がりました。

つまり、恵方巻きの名づけの親は、セブンイレブンなのです。

306881

もともと節分の日に食べる太巻き寿司は、「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」と呼ばれていました。

「恵方巻き」と呼ばれるようになったのは最近なのです。

節分に恵方巻を食べるのは縁起の良い習慣ということで、全国的に広がっていき、今では、毎年恒例の習慣ということになりました。

恵方巻きを食べる行事は、子供のころはなかった習慣なのに、現在は毎年普通に恵方巻きを食べていると思います。

 

今では、節分の季節になると、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートなどのコンビニやイオン・イトーヨーカドーなどのスーパーに恵方巻きがならぶようになりました。

086427

 

恵方巻きで節分にスッキリ

恵方巻きを食べる習慣は、縁起の良いことなので、節分の日は、恵方巻きをたべてスッキリしましょう!

節分の夜に「恵方」に向かって、恵方巻きを無言で食べると無病息災、商売繁盛などをもたらすと言われていますので、恵方巻きを食べるときは、恵方巻きを途中で切らずに一気に食べきることが大切です。

スポンサードリンク

-B級グルメ, イベント, 知恵袋
-, ,

Copyright© 行列のできる知恵袋 , 2017 All Rights Reserved.