行列のできる知恵袋

行列のできる知恵袋相談は楽しく生きるためのお役立ち情報や色々な疑問・お悩みを解決するための知恵袋情報屋さんです。

冠婚葬祭 知恵袋

結婚式のご祝儀袋の選び方とお金の入れ方・包み方のマナー

投稿日:

結婚式に出席するためにご祝儀袋を準備すると思いますが、色々なご祝儀袋があり、選び方に迷うことがありますね。

また、ご祝儀袋を用意した後、お金を包むときに、お金の入れ方がわからなくて困ったこともあると思います。

そこで、迷わないように結婚式の御祝儀袋の選び方とお金の入れ方・包み方を解説します。

スポンサードリンク

結婚式のご祝儀袋の選び方

結婚式のご祝儀袋の選び方で大事なポイントはご祝儀の金額とのバランスです。

見た目が豪華なものやカラフルで目立つという理由だけでご祝儀袋を選ぶとあとで恥をかくことになりますので、結婚式の御祝儀袋の選び方は、包む金額によって選びます。

御祝儀袋の中に入れる金額が高くなるほど、御祝儀袋も豪華なものを選ぶようにしましょう。

値段の目安として、贈る金額の100分の1程度の祝儀袋を選ぶと間違いはないでしょう。

例えば、入れるご祝儀金額が、3万円であれば300円程度、5万円であれば500円程度のご祝儀を選べば間違いはないです。

 

ご祝儀袋へのお金の入れ方

ご祝儀袋には、中に中袋(内袋)という白い無地の封筒が付属していますので、この中にお金をいれます。

結婚式は慶事なので新札を準備し、まず中袋に入れますが、中袋へのお金の入れ方(お札の向き)は、お札の表側(人物画がある方)が中袋の表側に向くように、また人物画が上に来るようにしてお札を入れます。

スポンサードリンク

お金の入れ忘れという単純ミスを防ぐために、中袋の表側の中央に縦書きで金額を書きます。

ご祝儀袋の中袋に金額を記入する場合は、「旧字体」で書くのが正式マナーです。

もし3万円を入れるとしたら、「金 参萬円」と書きますが、「金」という文字と金額は少しだけ離して、数字は、1は「壱」、2は「弐」、3は「参」といった旧字体で書きましょう。

金額 略式 正式(旧字体)
5,000円 金 五千円 金 伍阡円
10,000円 金 一万円 金 壱萬円
20,000円 金 二万円 金 弐萬円
30,000円 金 三万円 金 参萬円
50,000円 金 五万円 金 伍萬円
100,000円 金 十万円 金 拾萬円

中袋(内袋)の裏側には住所と氏名を書きます。

文字は筆もしくは筆ペンで書きましょう。

ボールペンでの記入はマナー違反です。

ご祝儀袋の書き方

結婚式のご祝儀袋の表書きは「寿」または「壽」とあらかじめ印刷されていますので、下段中央に氏名を書きます。

筆記用具は筆か筆ペンを使い、丁寧に書きます。

万年筆やボールペンでの記入は避けましょう。

 

スポンサードリンク

-冠婚葬祭, 知恵袋
-, ,

Copyright© 行列のできる知恵袋 , 2017 All Rights Reserved.