行列のできる知恵袋

行列のできる知恵袋相談は楽しく生きるためのお役立ち情報や色々な疑問・お悩みを解決するための知恵袋情報屋さんです。

知恵袋

喪中はがきを出す範囲と相手!無料のおすすめテンプレート

投稿日:

喪中はがきを出すときに迷うのは、出す範囲と相手についてです。

喪中はがきを出す近親者の範囲と相手について説明します。

無料のおすすめテンプレートもありますので使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

喪中はがきを出す範囲

喪中はがきを出す近親者の範囲は、自分を中心とした1親等(父母・配偶者・子)と2親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)にあたる人が亡くなったときに、喪中はがきを出します。
2親等の場合は、地方や家の習慣により様々で、具体な喪中の範囲は決まっておりませんが、基本的には、喪中とする本人の気持ちが大切です。
また、夫婦連名で年賀状をやり取りしている相手に対しては、お互いに良く相談して決めましょう。

 

一般的な喪中はがきを出す範囲の判断は下記の通りです。

①ほとんどの人が喪中とする
・配偶者や1親等(父母、子供)が亡くなった場合
②喪中にする場合としない場合に分かれる
・2親等(祖父母、義祖父母、兄弟姉妹、義兄弟姉妹)
 決まりはないので、最終的には自分の判断になりますが、判断の目安として、
  1. 同居していたか? 別居していたか?
  2. 故人との生前の親交の度合によって考える
③ほとんどの人が喪中にしない
・3親等以上(曾祖父母、おじおば、いとこ)

 

 

喪中はがきを出す相手

喪中はがきは、年賀状を交換している人全員に出しましょう。
双方が喪中で、こちらが出す前に喪中はがきを頂いた相手にも、こちらから喪中はがきを出しましょう。

スポンサードリンク

 

喪中はがきを出さないケース

仕事上のお付き合いで故人と面識のない方や気遣いをさせたくない相手には喪中はがきを出さずに平年通り年賀状を送ることもあります。

 

喪中はがきを出す時期

相手が年賀状を用意する前の「11月中旬頃から12月初め」にかけて届くようにしましょう。

11月末までに相手に届くのがベストです。

相手が年賀状を郵便局ポストに投函した後に喪中はがきが届くようなことのないよう、遅くても、郵便局の年賀状の受付が始まる前に届けましょう。

 

喪中はがきの無料おすすめテンプレート

一般的に使用される文例を紹介します。

故人の永眠と相手への感謝、新年への願いを込めた文例テンプレートになります。

 

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
本年〇月に ○(続柄)○○(故人のフルネーム) が 〇〇歳 にて永眠致しました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致します
皆様が健やかなる新年をお迎えになりますよう
心よりお祈り申し上げます
平成○年○月

 

喪中はがきはあくまでも喪中を伝えるものなので、近況報告は書かないのが基本です。
もし、転居や出産など近況をお知らせしたい場合は、「寒中見舞い」として出しましょう。

 

スポンサードリンク

-知恵袋
-, ,

Copyright© 行列のできる知恵袋 , 2017 All Rights Reserved.