行列のできる知恵袋

行列のできる知恵袋相談は楽しく生きるためのお役立ち情報や色々な疑問・お悩みを解決するための知恵袋情報屋さんです。

知恵袋

喪中ハガキ文例!義父の続柄と夫婦連名の書き方とマナー

更新日:

義父の喪中ハガキとは、義父が亡くなった場合に、 1年間は喪に服し年賀状を控えることを知らせする挨拶状のことです。

義理の父親(義父)が亡くなった場合の、故人との続柄の書き方と文例について説明します

また、夫婦連名の場合の義父の続柄の文例とマナーについても説明します。

スポンサードリンク

喪中ハガキの義父の続柄の書き方と文例

義理の父親の続柄の表し方は主に「岳父」「義父」があります。

「岳父」(がくふ)は、「妻の父」という意味で、尊敬の意味を込めた言い方になります。

岳父は、とても古い言葉でなので、この言葉自体をしらない人も多く、受け取った人が誰が故人なのかわからない場合があります。

受取り側にとっては「義父」のほうが分りやすく一般的ですが、実の母の再婚相手と誤解される場合があります。

「岳父」「義父」も意味は同じとなりますので、自分の好みで使われるとよいです。

大切なのは、喪中であることを相手に伝えることですので、迷われる方は、「岳父」を使うといいでしょう。

岳父の後にフルネームを書くことにより苗字から奥様の実家のことだと判断してもらいます。

 

【義父の喪中ハガキの文例】

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
本年〇月に 岳父 【故人のフルネーム】 が 〇〇歳 にて永眠致しました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致します
皆様が健やかなる新年をお迎えになりますよう
心よりお祈り申し上げます
平成○年○月

 

義父の喪中ハガキの無料文例テンプレート集

喪中はがきテンプレートを無料&登録不要で即ダウンロードできる極秘サイトを紹介します。

スポンサードリンク

無料で、おしゃれでかわいい喪中はがき文例テンプレートを「Word」「PDF」「JPEG」「画像」「ラベルマイティ」「一太郎」などお好きなファイル形式で即ダウンロードできますので使ってみてください。

喪中はがき文例テンプレート集はこちら

 

夫婦連名での義父の喪中はがきの書き方とマナー

義父の喪中はがきを夫婦連名で出す場合の書き方とマナーについて説明します。

喪中はがきを、夫婦連名で出される場合は、1番目のお名前の方から見た続柄とするのが一般的です。

夫婦連名の場合には夫を主体にする場合が多いので、あくまでも続柄は夫から見た関係性を書きます。

普通はご主人様が1番目になると思いますので、奥様のお父様が故人の場合は、「岳父」「義父」フルネームを書くことにより苗字から奥様の実家のことだと判断してもらいます。

ただ、奥様としては、実の父親となりますので、「岳父」「義父」ですと、やはり抵抗があるかたもおられます。

その場合、「岳父」「義父」ではなく、「妻の父○○(フルネーム)」と書くといいですし、故人が誰なのかもわかります。

 

【夫婦連盟の義父の喪中ハガキの文例】

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます
本年〇月に 妻の父 【故人のフルネーム】 が 〇〇歳 にて永眠致しました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致します
皆様が健やかなる新年をお迎えになりますよう
心よりお祈り申し上げます
平成○年○月

 

 

喪中はがきのマナーとしては、年賀状を頂きそうな相手に喪中であることを相手が年賀状の準備をする前に「喪中ハガキ」で知らせることですので、相手が年賀状を用意する11月中頃~12月初めまでに届けるようにしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

-知恵袋
-, ,

Copyright© 行列のできる知恵袋 , 2017 All Rights Reserved.