行列のできる知恵袋

行列のできる知恵袋相談は楽しく生きるためのお役立ち情報や色々な疑問・お悩みを解決するための知恵袋情報屋さんです。

健康

肝内胆管がんとは?末期症状と原因はこれ!

投稿日:

肝内胆管がん(胆管細胞がん)をご存じでしょうか?

肝内胆管がんとは、胆管の癌の一種です。

最近では、著名人や芸能人が肝内胆管がんになったケースもあります。

肝内胆管がんの発生原因と治療法や末期症状について調べました。

又、酒・ワインなどアルコールとの関連性についても解説します。

スポンサードリンク

 

肝内胆管がんとは

胆管は肝臓で生成された胆汁を十二指腸に送る管のことを胆管といいます。

肝内胆管がん(胆管細胞がん)とは、胆管の肝臓内にある部分にできた癌ことを肝内胆管がんといいます。

治りにくく死亡につながりやすい悪性腫瘍で60歳代以上に多いとされています。

 

肝内胆管がんの末期症状

初期症状は、がんが増殖し胆管が詰まって胆汁の流れがせき止められるため、皮膚や白目が黄色くなる黄疸(おうだん)が現れたり、白い便がでることがあります。

スポンサードリンク

 

胆管がんは進行も早く、目や皮膚が黄色くなる黄疸が現れれたときには既に進行がんとなっていることもあります。

又、全身の倦怠感や食欲不振となり体重が減ることもあります。

 

肝内胆管がんの原因と酒やワインとの因果関係

胆管がんは日本をはじめとした東アジア、インド、チリに多いと言われています。

胆管がんの発生は年々増加してきており、今後も増えていくと予想されています。

胆管がんの多くは、慢性肝炎・肝硬変から発生し、その原因としてC型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、アルコール性肝障害などが考えられます。
又、酒やワインなどのアルコールを大量に飲まない場合でも、糖尿病や肥満などの生活習慣病(メタボリック症候群)のひとつである脂肪肝から胆管がんが発生するリスクがあります。

 

 

肝内胆管がん(胆管細胞がん)を発見したら早期治療を行うことが必要です。

 

 

スポンサードリンク

-健康
-, ,

Copyright© 行列のできる知恵袋 , 2017 All Rights Reserved.