行列のできる知恵袋

行列のできる知恵袋相談は楽しく生きるためのお役立ち情報や色々な疑問・お悩みを解決するための知恵袋情報屋さんです。

知恵袋

改正ストーカー規制法とは?条文内容と特徴について

投稿日:

ストーカー規制法が改正されました。

ストーカー規制法とは、「つきまとい等」を繰り返すストーカー行為者に警告を与えたり、逮捕することで被害を受けている方を守る法律です。

今回、改正されたストーカー規制法とは?条文内容と特徴について解説します。

スポンサードリンク

改正ストーカー規制法とは

ストーカー規制法は、被害の未然防止に大きな役割を果たしてきました。

しかし、近年、ストーカーが被害者に対してこれまで規制対象とされていなかったストーカー行為を行ったあとに犯罪が発生する事件が発生しました。

又、ストーカーの件数も高水準で推移し、認知件数は19,920件とストーカー規制法施行後最多となりました。

そこで、ストーカー規制法について、電子メールを送信する行為の規制対象への追加や禁止命令等をすることができるなど被害者の関与の強化といった措置が講じられることになったのが、改正ストーカー規制法です。

 

改正ストーカー規制法の条文内容と特徴

ストーカー規制法の改正条文内容と特徴は下記の通りです。

 

1 電子メールを送信する行為の規制

  被害者から拒まれたにもかかわらず、電子メールを送信する行為が、

  新たにストーカー規制法の規制対象となります。

2 禁止命令等をすることができる公安委員会等の拡大

  禁止命令等をすることができる公安委員会は、

  被害者の住所地に加えて、加害者の住所等の所在地

  又はつきまとい等が行われた地を管轄する公安委員会に拡大されます。

スポンサードリンク

3 被害者の関与の強化

  警察本部長等は、警告をしたときは、その内容及び日時を被害者に

  速やかに通知する。

  また、警告をしなかったときは、その理由を、被害者に書面により

  通知しなければならない。

  また、都道府県公安委員会は、職権によるのみならず、

  被害者の申出によっても禁止命令等をすることができる。

  また、禁止命令等をしなかったときは、その旨及び理由を被害者に

  書面により速やかに通知すること。

4 その他

  国及び地方公共団体が、被害者に対する婦人相談所など

  適切な施設による支援に努めなければならない。

  また、民間組織活動の支援等を図るため、必要な体制整備や財政上の

  措置等を講ずるよう努めることが規定。

 

つきまといとは

1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
2.監視していると告げる行為
3.面会や交際の要求
4.乱暴な言動
5.無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール
6.汚物などの送付
7.名誉を傷つける
8.性的しゅう恥心の侵害

もしあなたが、ストーカー行為の被害に不安を覚えたら迷わず警察に相談して下さい。
あなたにとって最善の解決方法がみつかります。
スポンサードリンク

-知恵袋
-,

Copyright© 行列のできる知恵袋 , 2017 All Rights Reserved.